映画情報 デビルズ・ダブル ある影武者の物語

ムービーファン

映画情報 デビルズ・ダブル ある影武者の物語

デビルズ・ダブル ある影武者の物語

世界を驚かせたノンフィクションは、ついにfilmizedされました。
書かれたことは、「デビルズ・ダブル ある影武者の物語」という彼の自叙伝をラティフ・ヤヒアに
よって92で下ろします。
しかし、それは単純な自叙伝でありませんでした。
ヤヒアの恐ろしい経験は狂気の王子の人生を強制しました。
そして、1987から91への4年間のイラクの独裁者であった故サダム・フセイン大統領の長男の上で
怖かったウダイ・フセインの「立案者」はそこでつづられました。


同級生は学生時代の間ウダイと知人を含めて、立案者として生きている理由「顔が似ている理由」からの時に
属していた軍隊によって強制的に呼び戻されるヤヒアのために電話をされます。
最初は拒絶することはヤヒアでした。しかし、ウインドウがありません。
そして、1週の間、座る隙間さえ赤い部屋で取り囲まれます。
そして、また、シールドでそれが好きで、彼が悪魔に生命を売ることを認める家族での生活をされます。


映画「デビルズ・ダブル ある影武者の物語」そして、「生命のその人の経験をしたことを示したい」ために
20がなるいくつかと等しい映画化の申し込みが絵として我々の前にクリアになるというここの
著者店という欲望減少することができて、続けられたという本当の物語に衝撃を与えている、国はつがれます。

最初に読んでください

copyright(C)ムービーファン